日本魚類学会自然保護委員会 日本魚類学会トップページ
HOME
自然保護委員会の概要  
ガイドライン  
モラル  
シンポジウム  
提案書・意見書  
資料・書籍  
魚雑掲載記事  
魚雑掲載記事  
 
魚類学雑誌・シリーズ:日本の希少魚類の現状と課題

Vol.64, No.1
  四国固有の希少シマドジョウ属魚類の現状と保全:ヒナイシドジョウ,トサシマドジョウ
  日本産スジシマドジョウ類の現状とその保全の展望

Vol.63, No.2
  国内外来種となった絶滅危惧種:その取り扱いと保全をめぐって
  滋賀県ハリヨの危機

Vol.63, No.1
  西表島浦内川の魚類
  西表島浦内川における取水問題

Vol.62, No.2
  サケ:ふ化事業の陰で生き長らえてきた野生魚の存在とその保全
  ヒメマス―複雑な移殖の歴史をもつ水産重要種

Vol.62, No.1
  カゼトゲタナゴとスイゲンゼニタナゴ:種の保存法指定種・未指定種における保全の現状と課題
  「カゼトゲタナゴ」と「スイゲンゼニタナゴ」, その名称をめぐる混乱と保全

Vol.61, No.2
  本州・四国・九州の河口干潟に生息するハゼ類
  トカゲハゼ:沖縄島中城湾における泥質干潟生態系の保全

Vol.61, No.1
  ニホンウナギ:現状と保全
  ドジョウ:資源利用と撹乱

Vol.60, No.2
  津波震災を乗り越えた大槌町のイトヨ
  ため池の希少魚:自然災害から守る
  福島県の災害地における淡水魚類の現状と課題

Vol.60, No.1
  琵琶湖固有(亜)種ホンモロコおよびニゴロブナ・ゲンゴロウブナ激減の現状と回復への課題
  ビワマス:その利用と保全

Vol.59, No.2
  在来渓流魚(イワナ類,サクラマス類):利用,増殖,保全の現状と課題
  ネコギギ:積極的保全に向けたアプローチ

Vol.59, No.1
  琵琶湖のタナゴ類:その現状と保全
  ゼニタナゴ:ため池に生き残った平野の魚

Vol.58, No.2
  有明海の魚類の現状と保全
  ヤマノカミ:厳しい生息現状とその保全

Vol.58, No.1
  海産魚レッドリストの検討
  アオギス:干潟再生のシンボルとして

Vol.57, No.2
  ジュズカケハゼ種群:同胞種群とその現状
  シマヒレヨシノボリとトウカイヨシノボリ:池沼生ヨシノボリ類の特徴と生息状況

Vol.57, No.1
  国内外来魚問題とは?
  メダカ:人為的な放流による遺伝的攪乱
  シナイモツゴ:希少になった雑魚をまもる
 
Vol.56, No.2
  トミヨ属雄物型:きわめて限定された生息地で湧水に支えられた遺存種の命運
  ムサシトミヨ:世界中で唯一熊谷市に残った魚
  名前のないトゲウオ類
 
Vol.56, No.1
  オガサワラヨシノボリ:海洋島における淡水生態系の保全に向けて
  琉球列島の中卵型ヨシノボリ属2種:島嶼の河川で進化してきたヨシノボリ類の保全と将来
 
Vol.55, No.2
  タナゴ亜科魚類:現状と保全
  イタセンパラ:河川氾濫原の水理環境の保全と再生に向けて
 
Vol.55, No.1
  イトウ:巨大淡水魚をいかに守るか
  キリクチ(紀伊半島のヤマトイワナ):分断された小個体群の保全に向けて

Vol.54, No.2
  ヒナモロコ:田園風景とともに消えつつある魚
  アユモドキ:存続のカギを握る繁殖場所の保全
 
BACK